本日は晴天なり!

心地の良い日々が続きますね。本日は晴天なり!!
ご隠居長屋 和楽久 みさと早稲田 統括マネージャー
須藤政次です。今日のような天気を五月晴れ!と言
うんだ。。。と思っていたんですが、
そもそも五月晴れ(さつきばれ)は6月の梅雨時期に
見られる晴れ間のことを言うそうです。
『ごがつばれ』と読む場合は5月中ごろの晴天を指す
とのこと。なんだか日本語って厄介ですね。
そもそもの言葉の意味が現代では違う解釈に変化して
いる言葉って結構多くありますよね。
貴様!!もともとは、あなたさま。って言う意味ですし
微妙!!これも優れているって言う意味だそうです。
適当!!手を抜くことではなくてうまくあてはまること。
破天荒!!潮時!!うがった!!煮詰まる!!割愛!!
なし崩し!!手をこまねく!!浮き足立つ!!
やぶさかでない!!ひよる!!
ほぼ逆の意味合いになっている言葉ばかり。
これまで、流行言葉!若者言葉!=言葉の乱れ!!
なんて事を言われがちですが、昔の人たちも言葉を変化
させたりして言葉で遊んでいたんですね。
一般に言う逆さまにする業界用語(TV業界)や各業界の
専門用語に隠語。日本語って本当に難しいなって思います。

 

 

日本語英語が染み込んでいる自分は、過去にIT業界に勤め
始めた頃アカウント作成の際に、“ユニークなニックネーム
を作成してください”の問いに『ユーモア溢れる名前を付け
なければ・・・』と思っちゃいまして、お茶らけた名前を
つけた事があります。(笑)『唯一無二』って言う意味なの
に。。。
同じ発音で意味の違う言葉(同音異義語)なんかは腐る
ほどありますね。『貴社の記者は汽車で帰社した』
なんて感じで。(感じ・漢字・幹事・監事)
高齢者と接する機会の多いこの仕事についてから、沢山の
言葉を利用者様から教わってきました。『総領の甚六』
なんて言葉皆さん知ってますか?僕は次男なので当てはまり
ませんが。。。
私は祖父母と離れて暮らしていたので、昔話や・戦争の話し
古き良き日本の話しを沢山聞くことの出来る今の仕事は
とても魅力的です。

これといった祖父母孝行(孝行・高校・航行・後攻・港口
・公行・煌々)が殆んど出来なかった分、少しでもご利用
者様方のお役に立てればと思っています。

介護業界ではありがちなのが、フレンドリーに接する=
馴れ馴れしい。。。“言葉の乱れが支援の乱れ”にな
ってしまっている職員が多くいる事です。

 

フレンドリーを穿き違えている職員に数多く接して来まし
た。なかには利用者様に対し『○○っち!これマジ・やば
くない?』訳しますと【○○さんこれ美味しくないですか?】
って言ってたんです。開いた口が塞がりませんでした。。。

 

“親しき仲にも礼儀あり”いつまでもこの言葉を重んじて
利用者支援に携わって行きたいものです。
ハイカラな→イカす→ナウい→トレンディー→イケてる
ハウスマヌカン→アパレル店員→ショップ店員
言葉=時代共に変化していくものであることが間違え
ありませんが、私は接する高齢者が心地良い言葉を
チョイスできるケアワーカーであり続けたいと思います。
取り留めの無い“親父の小言”になってしまいましたが
器用で芸術的なパートさん達が、いつも季節を先取って
共有部を華やかに飾って下さいます。梅雨を通り越して

夏を先取ってくれています。

 

もうすぐネガティブなイメージの梅雨ですが、なんだか

心躍る様な装飾になっていますよね。
美的センス、芸術的感性の乏しい私からするとただただ
脱帽です。長靴を履いて傘を差し外に出てみようかしら?
ってな気分になりませんか?

 

SONY DSC SONY DSC SONY DSC