ひな祭り!英語で言ったらドールフェスティバル☆彡

 

ハイサイ 皆様 超 コンニチハ!!

 

段々と暖かい日が増えてきましたね!

半袖シーズン到来でウキウキワクワクが止まらない

『グローバル 半袖 アソシエーション』 会長でお馴染みの

 

施設管理責任者 阿部鉄也でございます。

 

何度となくこのブログでも取り上げられていますが

3月3日 本日が本当のひな祭りです。

昨日はお昼ご飯のちらし寿司が好評だったようですね。

わたくしお休みで入居者の皆様からお話を沢山伺いましたが

食べられませんでした(泣)

 

さてさてひな祭りと言えば…「桃の節供」です。本来は「上巳の節供」(じょうしのせっく)といいますが、ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」として親しまれています。
ひな祭りの味といえば、「菱餅」や「ひなあられ」、「白酒」などがあり、ひな壇に飾るとおひな様も喜んでいるように見えます。また、「蛤の潮汁」や「ちらし寿司」も、お祝いのごちそうとしておいしいだけでなく、縁起よく、見た目も春らしくて華やかです。

 

その中でも「ひなあられ」について面白いお話を聞いたので書かせて頂こうと思います。

まず、桃色、白色、緑色、黄色等、色とりどりのあられを「ひなあられ」と言います。

その昔、ひなあられは、野外で「ひな遊び」を行う時に持っていく、おやつの様なものでした。

「ひな遊び」とは、子供がひな人形に野山を見せてあげようと、人形を連れて遊びに出かける習慣や遊びを言い、「雛の国見せ」とも言います。

これが、ひなあられの由来と考えられており、現在まで受け継がれています。

また、ひなあられの意味については、3色の場合と4色の場合、それぞれに違った説が存在しているので紹介します。

3色の場合

  • 「桃色 → 魔よけ、桃の花、清明のエネルギー」
  • 「白色 → 清浄、純白の雪、大地のエネルギー」
  • 「緑色 →健康、長寿、木々のエネルギー」

4色の場合

「桃 → 春」「緑→ 夏」「黄 → 秋」「白 → 冬」

を意味しています。

3色、4色どちらの場合でも、「自然のエネルギーを取り込み、娘が健康で幸せな一年を過ごせるように」という意味が込められています。

ひなあられには、きっと「娘を大切に思う両親の願い」が込められているのでしょうね。

 

そして関西ではしょう油や塩味などで味付けしてあり、甘くありません。餅から作った、いわゆる「あられ」です。直径1センチ位の大きさで、もともと雛祭りに欠かせない菱餅を砕いて炒ったのが始まりとされています。

 

色々と諸説ありますが日本のお祭りを四季と一緒に感じながら

安心して生活して頂けるよう努力して参ります。

 

以下の写真は天気も良く散歩に出られる方が多かった本日の写真です!

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC