いつまでも自分の足で歩くために

お久しぶりです。生活相談員の須藤彩乃です。

先月の10月16日から常勤職員に復帰し、毎日あっちにこっちにと走り回り、利用者様の皆様から「体大切にしてね」など、暖かいお言葉をかけて頂き、感謝感謝の 日々を過ごしております。

今回は昨日のデイサービスでの「足の体操」の様子をご案内します。
デイサービスセンターわせだでは昼食後の食休み後、中島職員が中心となり、30分ほどストレッチ体操に取り組んでいます。ついついすわりっぱなしの環境が続いてしまいますが、身体を定期的に動かすことは大切なことです。
昨日は平行棒を使いながらの足の運動でしたが、いつもより多くの皆様の参加してくださいました。
いつまでも自分の足で歩いて頂けるように、なるべく身体を動かす機会を作れるように頑張っていきたいと思ます。

 

SONY DSCSONY DSC